現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る
店長

【ひとこと】
店長の小百合です。
レアな輸入楽器・エフェクターやメンテツール、アクセサリなどを中心に取り揃えてます。
よろしくお願いします。
RapidSSL
  • オススメ
商品コード:
tele_compensated_saddle

テレキャスター用 ブラス 補正サドル

販売価格(税込・送料込):
2,680
関連カテゴリ:
ギター > ブリッジ
3WAYブリッジのテレキャスターユーザーなら
必ず悩んだ事があるオクターブピッチ。
6WAYに変えてしまえば一件落着なのですが
音が変わってしまう!と3WAYに拘る方は多いと思います。

まあ一度は6WAYに変えるんですが、
多くの人が3WAYに戻るというのがそれを物語ってますね。

音色のため3WAYを維持しつつ、弦高も弄らず、
オクターブピッチを改善したい・・・
となるとこのような補正サドルを使うしかありません。
段差で補正するスタガ-ドタイプと
当商品のようなスラントタイプがありますが
見た目が大きく変化しないスタガ-ドタイプは
弦の接点が鋭角になってしまうため、音が若干変わります。
加工も簡単なので、価格もあまり高価になることはありません。

一方スラントタイプは、もともとのフェンダータイプのサドルと
同じような接点・仕組みですし音の変化は少ないように感じました。
また、加工に精度が必要なため
(ナナメにネジを切らないといけませんし)価格もちょっと高いです。

ハイグレードパーツで有名なカラ○ム社でも売れているのは
こちらのスラントタイプだそうです。
(ちなみに、カラ○ム社のスタガ-ドタイプは接点が丸めてあり
その辺の問題は解消されているそうです。高いだけはありますね・・・)

恐らく、3WAYに拘りつつ音色の違いを最小限にしようと思うと
スラントタイプの補正サドルがベストなのではないでしょうか。

補正サドルの効果ですが、さすがに6WAYほどの精度はありません。
ただ、ノーマル3WAYに比べれば別物レベルの効果です。
4弦・3弦の狂いが減りますので本当に弾いてて気持ちよいです。

当商品ですが、有名な米ギターパーツ社製となります。
精度も十分ですし、なにしろテレ使いの猛者が集うアメリカで
堂々のレビューを勝ち取っているだけはあるかと思います。
英語の説明書が付属します。

数量(在庫数:2)


この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。